満員電車のストレスは戦場だ!

戦場と満員電車でのストレスの差が・・・

数年間東京と神奈川を結ぶ電車の上り線に通勤していたことがったんですよ。

会社の就業時間が9時から18時まで。こんな時間帯の会社なんて無茶苦茶多い。上り電車なので(都心へ向かう)電車も混雑は当然で、さらに電車の本数も山手線などと違って10分に1本間隔(地方では全然多い方だけど)

始発で乗るため早めにホームに行って着席から戦場ですよ。座れたらかなりラッキーですからね。

初めはいいけど、だんだんだんだん人が増えてきて、神奈川県内に入ると無茶苦茶なことに。

大きな駅で降りるならいいのですが、あまり大きな駅で降りるわけじゃないため、降りるのにこれまた戦場と言わざる負えないんですよ。戦場と言える理由として、物理的な状態も何度も経験しました。

満員電車での戦場とは

足を踏まれてしまったこと多数、満員の駅構内の階段で、逆走おっさんに肩をぶつけられて転倒しそうになったこと数度あります。さらに座席の前に吊りかわをつかまって立っていたところ、突然座っていた人が立ち上がり、トラブルになったことも・・・

さらに、どこかしこで怒声が聞こえたり・・・

本当につらかった。朝起きたときに満員電車のことを考えると泣きたくなる日も・・・

夜だって翌朝のことを考えるだけで眠れない日も。疲れているのに眠れないんです。ストレスあるに決まってる!

ストレスがひどいのは自分自身でもよくわかっているのですが、根拠として、

臨戦態勢の戦闘機のパイロットや機動隊の隊員よりも、会社に通勤する人の方が強いストレスを感じるとの結果が出た

https://japan.cnet.com/article/20077623/ (Cnetjapanより引用)

つまり機動隊員は常に訓練を受けているとはいえ、そのストレスは大変なのは想像できる。が、そのストレス以上に一般人の満員電車状態はストレスなんだという事なんですよ。これはひどい。

この通勤も3年ほどで終わりました。派遣だったので派遣先チェンジで今度は地元へ・・・

しかし。

超巨大企業で、自宅最寄り駅からバス通勤となりました。電車通勤はなくなりましたが、巨大工場がある郊外への通勤はバス通勤となり、このバスもすさまじい・・・

同じ社内の人ばかりなのですが、電車と違って揺れがひどいし、バスと違って時間がルーズなので、遅刻リスクも増えるストレスも加算ですよ。

電車と違う辛さがありますが、みんな終点の会社のバス停で降りるため、途中下車で満員の中から抜けだすという苦労はなくなりましたが。

どちらにせよ、満員状態から抜け出すための方法はアンテナ張って考えた方がいいです。

結局こちらも辛くて、もっと近いところに通勤をしたく、願って行動したところ、

満員電車より多少ましだけど、最寄り駅から2駅だけ、しかもたくさんの大企業がある駅なのでみんなこの駅で降りることから、降車がラクになりました。

通勤がつらいっていう理由はNG

通勤がつらいから転職するというのはあまり印象が良くないです。

みんな同じ条件だからです。

しかし、戦場と同じストレスレベルという満員電車なので、本来は理由となるのは当たり前の話。しかし社会では通用しないようです。

なので、

社交辞令として、『仕事にやりがいを持ちたい』『さらにスキルアップしたい』

といった仕事に対しての前向きさを転職(配属先チェンジ)理由とした方がいいです。

まんまと配属チェンジできました(笑

仕事

Posted by admin