田舎の人は気が強いの?

田舎の人は気が強いのか?ですが、

人によりけりでしょう。

当たり前の回答ですが、少々考察してみると、

生粋の田舎育ちの人は、まず日常的に競争が都会より圧倒的に少ない事実があります。人口密度が低いためその分競争も無いですし、人との距離があるため人にあまり気を使う必要が無いのです。

我が家においては電子ドラムがありますが、別に深夜に叩こうが迷惑などありませんし、家で深夜にカラオケやろうが問題ないわけです。そのような環境が当たり前の人が、ある日突然、

周りに気を使える人になりえましょうか?

そのような態度(悪い意味じゃないです)を仮に都会に出てきて取るというのは田舎の人からしたら当たり前の悪気が無い行動なのですが、

都会では近所迷惑、無頓着と思われかねません。程度はありますけどね、もちろん常識は田舎の人だろうが持っていますので、深夜に都心のアパートで電子ドラムを叩く人なんかいませんが。

ようは、日常的に人に気を使いながら生きていく必要性が低い田舎の人を都会暮らしの人が見たら、

「強気だな、気が強いんじゃないの?」

と思われることも多いのではないでしょうか。気が強い弱いは人の個性ですが、得てして多いのが、多少気を遣うことが苦手な田舎の人が取る態度が、気が強いと見えるのでしょう。

都会の人と田舎の人の違い

両者の違いは、人との接し方を嫌というほど知っている都会人と、あまり人との距離が近くなく、のびのび暮らしている田舎の人の生活感が全く違うということであり、その結果性格が分かれるのも当然なのです。どちらが良し悪いなどないのですけどね。

田舎だろうが都会だろうが、慣れた場所にいる限り不便など感じません。都会の人が田舎で暮らす、田舎の人が都会で暮らすという場合ははじめは戸惑うかもしれません。

都会の人は・・・田舎の人は・・・

などと当初はちょっとした違和感を感じさせるかもしれませんが同じ日本です。すぐ慣れますよ。人には適応能力がありますので、両者を知っている人はその分対応力が高いです。田舎の人が思い切って都会で暮らしてみるもよし、都会人が田舎で暮らしてみるのもよしです。人生経験として豊かになれること請け合いでしょう。

両者経験することで価値観も高まる

都会の人は田舎の人たちをバカにする傾向があります。その証拠に「田舎者」という言葉があるくらいです。筆者は最高級の田舎暮らしをしております。別に田舎者なんて言われてもなんとも思わないです。都会暮らしも長いため都会の悪いところも周知しているわけです。田舎が好きで田舎に移ってきた、都会が嫌で田舎に来たのです。

なので、都会の人の「田舎者」という揶揄は田舎の良さを知らない人なんだとしか思えません。

揶揄する前に田舎の良さを体験してほしい。その逆に、田舎の人は都会に出て、繊細さを磨いて気が利く人、人との距離感を体験してみると良いでしょう。

田舎

Posted by admin